« 演劇右往左往~Officeせんせいしよん(1)~ | トップページ | 演劇右往左往~Officeせんせいしよん(3)~ »

演劇右往左往~Officeせんせいしよん(2)~

 「せんせいしよん」は話し合いに大分川沿いの「ホワイト・フラミンゴ」に集まった。いつもワイワイの雑談で、話は進まなかった。今だから思うことだが、実りある話し合いにするには、飲み食いを入れてはいけない。

 さて、「せんしよん」の旗揚げ公演。何をするか。『12人の優しい日本人』に決まったが、その経緯は覚えていない。ぼくは、とにかく、作者の上演許可依頼の手紙を書いた。
 しばらくして、電話がかかってきた。三谷幸喜の事務所から。「申し訳ありませんがあの脚本の上演は許可できません。ただ、お手紙を拝見して、上演しないで下さいとは言い辛いので、こちらが知らないところで上演したという風にしていただけませんでしょうか」

 上演許可ではない。何かあったら、あんたらの責任ということか。OK。GO!

 メンバー集めが始まった。教員、大学生、卒業生、在校生でどうにか集まった。警備とピザの配達を含めると14人。この人数で芝居をつくるのは難しい。仕事やら都合やらで、全員がそろうことが少なかった。稽古場を転々としながら、それでも、続けた。公民館の在り処を知った。時にはキャストの教員の学校の体育館を使ったこともある。平日は仕事の関係で練習はできないので、練習は日曜日だけになる(まだ土曜日は授業日)。昼頃になると、弁当を買いに行く。そこでぼくは「のり弁」を知った。安くて、そこそこ美味しくて、腹にくる。

 公演が近くなった頃、演出のまーさんと二人で弁当を買いに行った。車の中で、12人の協議が終わって、みんな出ていくので緞帳は下ろせないんじゃないかと話した。タカムク演じる警備員が、残されたバラの花を空き瓶か何かにさして部屋を出る時に部屋の明かりを消す、と、サスがその花を照らし、緞帳が下りる、とか。

 十分な時間は確保できなかったが、いい舞台になった、と、思う。そして、その舞台を新聞社が幾つか入っていた。

 

|

« 演劇右往左往~Officeせんせいしよん(1)~ | トップページ | 演劇右往左往~Officeせんせいしよん(3)~ »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 演劇右往左往~Officeせんせいしよん(2)~:

« 演劇右往左往~Officeせんせいしよん(1)~ | トップページ | 演劇右往左往~Officeせんせいしよん(3)~ »