« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

自転車を買う

 どうも運動らしい運動をしていない。犬が若かった頃は、朝の散歩の距離も長く、一緒に走ったりしていたが、最近は散歩に行こうと誘っても動かないことが多く、こちらも億劫になったりして、雨が降ったりすると、一週間くらい散歩に行かないことも珍しくない。

 通勤に自転車を。ならば、一日4キロを自転車で運動することになる。季節的にも風が美味しい季節。よし、買おう。

 まずはネットで調べた。12年前、マウンテンバイクを買って、どうもよろしくなかったので、今度はクロスバイク。多い。幾つかに絞りこんで、ほぼ一週間何回も見るが、それを買った人のコメントを読むと、やはり実物を見て判断するのがいいと結論。今日は1時間目だけの授業だったので、休みをとって大分の販売店を3軒回った。でも、ネットで気に入ったものはなく、取り寄せになり、10日前後を要するとのこと。それで佐伯に帰り、昔からの馴染みの販売店に行き、在庫の中から時間をかけて選んだ。

 夕方、配達され、犬のオヤツを買いに2キロほど離れた店まで漕いで行ってみた。それだけで太腿に筋肉痛を予感させる兆候。情けない。情けないけれど、ほぼ通勤と同じ距離だから、適度の運動量なのだろう。100日通えば、ガソリン代わずか4000円程度の節約だけれど、プラスアルファの方が大きいのだ、と、ちょっと痛い出費を宥めている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二つの豊南高校

 新しい豊南高校には「新」がつきます。職員は「新校」と呼んでいます。ところが、世間には周知徹底できていないので、一年生の欠席届の電話が本校(一応、モトコウと読むことに)に来たり、ナントカ先生をお願いしますと新校の教員に、とかとかとか、間違い電話が多いらしく、事務室はその一つ一つに丁寧に応対するのが大変なようです。

 新校の準備室は名前を公募した。当然、豊南のOBやらが「豊南高校」で提案する。その気持ちはよくわかる。母校がなくなるんだから、せめて名前だけでも、と、思うだろう。でも、完璧に新しい名前にすべきだったと思う。鶴岡高校のOBやらのことを考えると。
 新校は介護のコースを新設して、一学年6クラス。3クラスは総合学科。ならば、本校を1クラス減にして、鶴岡高校に新設、という形の方がはるかにすっきりして、混乱がなかったのではないか。

 本校は入学式がなかった。当然職員の数は減る。職員駐車場が、一台置きに駐車スペースが空いている有様。来年は空きスペースがもっと増える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

演劇右往左往~Officeせんせいしよん(3)~

 『12人の優しい日本人』の旗揚げ公演は大分市のコンパルホールで行った。稽古は、あちこち場所を変えながら転々とした。半数が教員だったので、その中の一人の学校の体育館を使わせてもらったこともある。

 旗揚げ公演って、結構エネルギーがあって、さまよいながらの稽古でも、みんな無理を重ねたと思う。ぼくが転任した先で声をかけて、巻き込んで役者までやった人もいた。多分、誘う意気込み、言葉にも力があったのかもしれない(ウ~ン、あまりに身勝手、か?)。

 工夫は少なく、役者だけの芝居だったが、まァ、それなりに、と言う結果。ところが、会場にある批評家とある新聞社が来ていて、その批評家は新聞紙上で絶賛。新聞社は、翌年の正月4日目に、今年のホープに今はメジャーになった沖縄のBeginと同じ紙面に載ったのだった。

 ぼくはその公演パンフに「東京の人が観に来る芝居をつくりたい」と書いた。当時、つか劇団でやっていたという人が劇団をつくり、東京のどこそこで上演するとか威張っていた。大分県で支持されていないのに、と、思ったのだ。『立見席』はおかしい。だったら、みんなで東京行けや。ところが東京で勝負できるほどの力量もない。

 パンフにそう書いて、ぼくはもう東京を向くのはやめた。今ここにいる連中でやればいい。そして、やる限りは誰が観てもいいものをつくりたいと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »