« 『夜伽の部屋』2014年6月現在 | トップページ | 言葉は、食物と同じだ! »

『旅立ちの島唄~十五の春~』を観る

 沖縄の南大東島には高校がなく、中学卒業後は高校進学には島を離れなくてはならない。女子中学生が島を離れるまでが描かれている。

 心にしみる映画。島の風景、人々、生活、どれも素晴らしく、十五歳の女の子の心の揺れが丁寧に描かれ、それは些細なことかもしれないけれど、少女の成長には大きかった。

 主演がいい。下半身がしっかりしていて、立ち姿がいい。そして、きれい。華がある。こういう女優を待っていた。
 父親役の小林薫が、情けないほど味があっていい。

|

« 『夜伽の部屋』2014年6月現在 | トップページ | 言葉は、食物と同じだ! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『旅立ちの島唄~十五の春~』を観る:

« 『夜伽の部屋』2014年6月現在 | トップページ | 言葉は、食物と同じだ! »