« 言葉は、食物と同じだ! | トップページ | 靴下の穴 »

『つやのよる』を観る

 副題は「ある愛に関わった、女たちの物語」

 この映画の公開のニュースに、ああ、やられた、と、思った。『夜伽の部屋』はボツだ、と、思った。

 艶という女性が死に瀕していて、関係者に連絡することで、描かれる。オムニバスってやつか。

 俳優陣は豪華(何が?)。でも、『夜伽の部屋』とは全く趣向が違う。ぼくの芝居はささやかだけれど、たぶん、もっと面白い。自信を与えられた。

 観るも聴くも、考えるも、色々と動いたほうがいいと思う。移動感覚は、思考にいい影響を与える。

|

« 言葉は、食物と同じだ! | トップページ | 靴下の穴 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『つやのよる』を観る:

« 言葉は、食物と同じだ! | トップページ | 靴下の穴 »