« 2014年10月 | トップページ | 2015年1月 »

『タイピスト』を観る

 2012年の作品だったように思う。
 田舎の女の子が保険会社の秘書になり、タイピストの早打ちコンテストに出る、で、特訓すると同時にコーチとの愛が絡んでくる、という、よくあるパターン。不仲だった父親とのエピソードも、やっぱりな。

 ワンパターンでもいいと思う。野球、柔道、バレーボール、サッカー、と同じようにタイプライティングでもいいのだ。タイプする指の素早さを見て、すごいと思う観客は応援するようになる。これでいいんじゃないか。『水戸黄門』は、間違っていなかった、と、思う。要は、今度はこう来たかという、嬉しい裏切りを用意できるかどうかだと思います。

 こういうワンパターンはあっていいと思う。ウン。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2015年1月 »