« サンザンから立ち直る | トップページ | 大分の「出会いの村」 »

メールより手紙かもしれない

 断捨離を少しずつ進行している。衣服類は、数年身に着けていないものは思い切ることができる。しかし、そうはいかないものもある。クローゼットの奥に見つけた紙袋の中の手紙。
 昔の手紙だから手書き。封筒や便箋、字体とかが手伝い、読んでいると、その人と周辺の空気が立ち上がってくる。メールよりいいかもしれない、と、思う。
 メールを使えるようになって、郵送の手紙は「かたつむり手紙」と呼ばれるようになった。速く着くし、金もかからない。加えて、酔っぱらっていても、読める字で書ける。でも、封筒から出して、便箋を開いて読むってのは結構いい感じ。
 と、書いて、ぼくが今まで出した手紙を、まだ手元にある人がいれば、ああ恥ずかしい。

|

« サンザンから立ち直る | トップページ | 大分の「出会いの村」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メールより手紙かもしれない:

« サンザンから立ち直る | トップページ | 大分の「出会いの村」 »