« 『アゲイン 28年目の甲子園』を観る | トップページ | 『ジェーン・オースティンの読書会』を観る »

井上ひさし・つかこうへい『国ゆたかにして義を忘れ』を読む

 時々、つかこうへいの言葉に触れたくなる。つかは、残念ながら、新しい言葉を発信できなくなって久しい。だから、書棚から引っ張り出した。

 ひさしとの対談。つかは、テレ隠しがあるような言葉使いながら、本当のことしか言っていないような気がする。もしかすると、つかは、だからこそ時代との折り合いがつかず、少し引いていたのかもしれないと思う。もちろん、つかが引き受ける筈がないけれど、テレビのコメンテーター(好きになれない言葉)になっていれば、今のアレコレに発する言葉は痛快だろうと思う。つかは、結局、劇作家、小説家としてより、つかこうへいを生きた。そう思う。

 以前読んだ本を読み返す。これは結構効果的なように思う。何故これを面白いと思ったのだろう、こんなに面白かったのか、過去との自分に出会いながら新しい地平が見えてくる(大袈裟な!)こともある。再読を薦める。

|

« 『アゲイン 28年目の甲子園』を観る | トップページ | 『ジェーン・オースティンの読書会』を観る »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 井上ひさし・つかこうへい『国ゆたかにして義を忘れ』を読む:

« 『アゲイン 28年目の甲子園』を観る | トップページ | 『ジェーン・オースティンの読書会』を観る »