« 人を知るということ | トップページ | 金銭出納帳から考えた »

書店は地元の小さな書店がいい

 大きい書店は探す楽しみがある。
 大学時代、紀伊国屋をウロチョロして数冊買い、たとえばピザを食べながらビールを飲む快感を覚えた。
 田舎に帰り、高校時代辞書や参考書を買っていた書店に、注文するようになった。家まで届けてくれるから、実にありがたい。
 ぼくはある本を読むと、巻末の参考文献に目を通し、「これは」と思える本を注文する。そういうのが重なると、「○○の新作が出ましたが、注文しましょうか?」と電話がかかってくる。

 ぼくは読書家ではない。だから、ガソリンを消費して配達してくれるのは申し訳ない。でも、ささやかながら地元の書店を大切にしたいと思う。

|

« 人を知るということ | トップページ | 金銭出納帳から考えた »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 書店は地元の小さな書店がいい:

« 人を知るということ | トップページ | 金銭出納帳から考えた »