« オバちゃんは何故怖いか | トップページ | こういう時代もあった »

ガン、か?

 ほぼ、ここ10年以上、60プラス・マイナス1キロを維持してきました。目的があって何かをしてきたわけではないけれど、あちこちで暇つぶしに乗った体重計が、そういう数値を示していただけです。

 9月、家の体重計に乗ったら、55キロ台。安い体重計だからと思っていたら、10月、健康診断でも同じ数値。それを親しい人に何となく呟いたら、「お前、癌検診を受けた方がいいんじゃねえか」と言われました。

 大学1年の春、70キロくらいありました。9月、体調を壊し、47キロに落ちました。以来、貧しい学生生活をずっと送りました。下宿のおばさんは「あんたがもっと太らないと、うちがいいものを食べさせていないように思われるから、太って」と懇願されること十数回。
 教師になって、職員室に来る業者に寸法を測ってもらい、スーツをこしらえました。ところが、腹回りがきつくなって、また、また、また、と、こしらえました。で、量販店に切り替えました。めったに着ないのに、こしらえても、腹の出っ張りでこしらえなおすのは、無駄だと考えたのです。

 ちょっと余裕を持ったサイズのズボン(ズボンって、死語?)を買うようにしたのですが、それでも、ベルト要らずという状態になりました。
 そのズボンが、今ではベルトの一番締め付けた穴を利用するのです。
 考えられるのは、

 ① 買い食い、間食が以前の十分の一以下になった。
 ② 持続する運動を心がけ、実行できている。
 ③ 食事量は減ったものの、よく噛むことを心がけている。
 ④ 英語に毎日触れている。
 ⑤ 早寝、早起き。

 誤解を恐れずに言えば、ぼくはガンでも仕方ないと覚悟している。実際、いざ告知されれば、アタフタするだろうな、と、臆病者は思う。でも、様々な人、多くの出来事に出会い、結構楽しんできたので、財産を残せない家族には申し訳ないけれど、かなりの個人的「財産」はたっぷり蓄えることができたので満足なんです。

 おっと、遺書みたいになってきた。いけない、いけない。

 先日、オリーブの苗を植えました。
 明日世界が滅ぶとも、今日ぼくはオリーブの木を植える、な~んてなことを呟きながら。

|

« オバちゃんは何故怖いか | トップページ | こういう時代もあった »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガン、か?:

« オバちゃんは何故怖いか | トップページ | こういう時代もあった »