« ナント、真昼間に、スナックで歌った | トップページ | アラン・ドロン、史上最高のイケメン »

『ひよっこ』はいい作品かも

 『ととねえちゃん』に唐沢が出るというので、できるだけ見始めるようになった。

 唐沢の痛快な演技で観続けた。

 その勢いで『べっぴん』も観た。でも、後半はぎくしゃくした展開だったように思う。
 『ひよっこ』は、今のところ丹念に描いている。それがいい。奥茨木の生活とか風土、人も面白く描いている。時代を明確にしながなら、一人一人の人をおろそかにせず丁寧にドラマを作っている。説明的でない物語運びがいい。ヒロイン役が、特別美人ではないけれど、だからこそ吸収するようなところもあるし、脇役もいい。

 民放は視聴率で右往左往してるようだ。
 ただ、だから過激な表現をして視聴者は支持するだろうか。
 「そうだよな」と頷ける部分がない。
 過激である必要はないし、ビックリも要らない。でも、医学での警告番組なんか観たくもない。

 観る側の気持ちを「忖度」できていない。

|

« ナント、真昼間に、スナックで歌った | トップページ | アラン・ドロン、史上最高のイケメン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ひよっこ』はいい作品かも:

« ナント、真昼間に、スナックで歌った | トップページ | アラン・ドロン、史上最高のイケメン »